画で見る
西洋美術史
ラファエロ 知っていると少し楽しい
鑑賞のポイント!

アテナイの学堂

アテナイの学堂

ラファエロ・サンティ(Raffaello Santi, 1483年4月6日 - 1520年4月6日)は、盛期ルネサンス期を代表する画家、建築家。ミケランジェロが偉大な改革者であるのに対し、ラファエロはそれまでの芸術手法を統合、洗練して、女性的で優雅な様式を確立した、総合芸術の天才であると言える。その資質は彼の死後も賞賛され、模倣された。ラファエロ・サンツィオ(Raffaello Sanzio)の表記もある。Raphaelとも書く。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(1/18/2008) より

鑑賞のポイント

  • ギリシャ哲学者が描かれている
  • プラトンは天を指差し、理想主義をあらわしている
  • アリストテレスは手のひらで地を示し、現実主義を象徴している


© 2008-2012 画で見る西洋美術史